アパートって変わってきている

私の住むイギリスのアパート

私は5年前からイギリスに住んでいます。最初の目的は、留学でした。最初は全く英語が喋れなかったので、日本のエージェントを通して、イギリスのアパートを借りることにしました。特に何の問題も、不満もないアパートでした。そんなある日、イギリスでできた友人のアパートを見た時に、「私もいつかこんなアパートに住みたいな。」と思うほどかわいかったのです。その上、家賃も私の住んでいた所よりも安かったので、私も早く英語を喋れるようになって、イギリスの不動産屋さんと交渉したい、と思いました。

そして3年後、私はイギリスの学校を卒業しました。そして運良く、就職先も見つかりました。そんな私はいつのまにか、英語が喋れるようになっていました。そして、お給料を半年貯めて、アパートを探し始めました。イギリスの建物は、結構古いものが多く、自分で内装を奇麗にしたりします。そして私が見つけた所も築50年ほどの所でした。前に住んでいた人が、内装を奇麗にしていってくれたため、とても築年数を感じることのできない、素敵なお部屋でした。私の憧れだった、猫足のバスタブや小さいながらもシャンデリアがありました。そして私は不動産屋さんの交渉をし、家賃の割引にも成功をして、イギリスの暮らしを楽しんでいます。

関連サイト

Copyright (C)2017アパートって変わってきている.All rights reserved.