アパートって変わってきている

賃貸に引越するさいのダンボール梱包

引越しの荷造りは慣れていないと大変です。上手に梱包して当日の作業がスムーズになるようにしましょう。まず賃貸物件の各部屋ごとに色をつけます。荷造りしたダンボールの側面にその部屋の色をつけておきます。そうすると引越当日には業者へ部屋のレイアウトを見せながら同じ色のものを同じ部屋に運びこんでもらうよう指示できます。ダンボールには何が入っているのかと番号を振っていった方がいいです。いくつダンボールがあるのか把握できますし、引越後の作業がしやすくなります。

ダンボールに荷物を詰めるさいは必ず入口から遠い部屋から始めます。入口に近い部屋から始めると詰め終わったダンボールが邪魔になる場合があります。詰めるさいは重いものは小さいダンボール、軽いものは大きいダンボールに入れるのが基本です。例えば本などは小さなミカン箱サイズのダンボールに詰めるようにします。隙間があったら新聞紙などを丸めて入れておきます。運搬中に中で動いて破損しないようにするためです。業者のかたは重いものも軽々と運んでくれはしますが基本的に自分で持てる程度の重さにしておきましょう。引越後に自分が運んで移動させなければいけない可能性もあります。もちろんコップや瓶、お皿などは新聞紙で一本ずつ包んだ上で隙間も埋めていきます。刃物は厚い紙で刃の部分をぐるぐる巻きにしておきます。また、刃物とわかるようにしておきます。

ダンボールを閉じるときは一文字に閉じるだけではなく十字に閉じた方がいいです。弱いダンボールだとそこが抜けてしまう可能性があります。もしくは当日に業者の方がひとつひとうすべてガムテープで張り直しをされ時間がかかってしまう場合もあります。

関連サイト

  • 鎌田和彦についてはこちらのページがおすすめ。

Copyright (C)2017アパートって変わってきている.All rights reserved.