アパートって変わってきている

隣に引越してきた家族さんに不満を抱く友人

「快適な一人暮らしを返して!」と怒っているのは、あるアパートの1室で一人暮らしをしている友人です。
友人は今、世界一周旅行がしたいと、その資金を貯めるために、小さなアパートを賃貸して節約をし、コツコツと貯金しながらの生活を送っています。
そんな友人のアパートは、小さいだけではなく、少しばかり古びていて、床のきしみがあったり、壁が薄かったりと、難あるアパートでした。それが原因なのか、そのアパートを賃貸しているのは友人とあと1人だけで、とても静かな暮らしができていたそうです。

しかし、そんな静かな生活が崩されるときがきてしまいました。それは、友人の隣に家族さんが引越してこられたからでした。若い両親に2人の男の子の兄弟がいて、それはもううるさいの一言に尽きるそうです。
そうして友人は、快適な生活を返してほしいと怒っているのでした。その様子を聞いていると、実際に経験していない私でも、悲惨な光景が目に浮かぶものでもありました。あるとき友人が夜寝ていると、地震が起こったと思い、飛び起きたことがあったそうです。

しかしそれは地震ではなく、隣の子供さんが床を蹴って暴れていた音だったのでした。こういった出来事が毎日のように続いていて、友人はこれにとても悩まされているのです。
大家さんに掛け合ってみても、家賃の安さを考えると、あまり強いことも言えないと、肩を落としていました。早くお金を貯めて、世界一周旅行に行くことを望んでいる友人でした。

関連サイト

Copyright (C)2017アパートって変わってきている.All rights reserved.