アパートって変わってきている

不動産投資にはアパートの物件がおすすめ

昨今の不況により、副業が注目されています。
いろいろな副業がありますが、サラリーマン大家という言葉が象徴するように、不動産投資を始めるサラリーマンの方が増えてきています。
不動産投資は、不動産物件を購入して、それを賃貸に出し、入居者から得られる家賃収入を得ることが目的です。
うまく段取りをすることができれば、いわゆる不労所得が得られ、しかも金融機関からの借入金を持って自分の資産を増やすことができる点から、不動産自体の資産価値も享受することができるとして、大変人気が上がってきています。
金融機関から借り入れをする際には、投資対象の不動産を担保とすることができるため、借入に要する審査も通りやすくなっています。
不動産投資を始める際には、アパートによる投資も選択肢に入れて考えるといいと思います。
普通、不動産投資と聞くと、マンション経営に自動的に結びついてしまう方も多いと思いますが、アパートを用いた投資も大変効率のよい物件選択だと私は考えます。
まず、アパートの方が不動産物件自体の価格が安い点です。
そのため、比較的安い値段で、アパートの一棟を購入して、複数の入居者から賃料を得ることも可能です。
このように、一棟購入をするメリットは、一部屋購入だとその部屋に入居者がいるかいないかで収益の有無が決まりますが、複数の部屋を賃貸できることで、すべての入居者からの家賃が全くなくなることなく、ある程度安定した収入を計算することができる点です。

関連サイト

Copyright (C)2017アパートって変わってきている.All rights reserved.