アパートって変わってきている

アパートの家賃よりマイホームのローンが安かったので家を建てた

結婚が決まり…町営住宅の申し込みをしに役場に出向いた。
その時、旦那の収入は年齢にしては高かったこともあり、役場の人に、こんなに収入あるなら家建てたら?
と、あっさり言われた。
もし、団地に入れたとしても家賃が高いよ…と。
それなら、家たててローン返して言った方いいよと…その時は、頭にきた!結婚決まったばかりで家?
そんなの、無理だよ。
結局、民間アパートを探して、ちょうど新築のアパートがありそこに入居した。
その時の家賃は58000円也。
高い…

それから、子供が2人産まれて、そのアパートが狭くなった。
狭さだけなら我慢できたかもしれませんが。
最大の悩みは、お風呂のお湯。
オール電化住宅で、タンクの容量が小さいこともあり、子供2人になると最後にお風呂に入る私は…シャワーから冷水しかでない…なんて事が続いた。
そこで、次はオール電化ではない、アパートに引っ越した。
家賃は65000円也。

でも、そのアパート…新築のアパートなのに結露が半端ないし、隣の部屋の人が電気をつけると隙間から灯りが見えてしまう造り。
声も丸聞こえに近い。
そこの大家さんが大工さんで大家さんに、うちで家、新築してくれたら安くするよーと、新築を進められた。
家賃払うよりローンの方が安くなるよーと。

でも、絶対そんな欠陥住宅みたいな家建ててる大工さんには建てて欲しくない。
あまりのしつこさに…次は一軒家を借りて引っ越しを決めた。
その時の家賃は60000円也。

子供が入学して、部屋が欲しいと言い出した。
その借家は、二階に一部屋しかない作りで…そこに、家族で寝てたので子供の部屋ができない状態だった。
次の年には二番目の子供が入学。
そして、お腹に三人目の子供がいた事もあり…思いきって、新築を決意した。
周りからは高い家賃払って住んでても結局は人の物だからねって言われて。
マイホームを決意。
業者さんに、ローンを組んだら月々どれくらい?
と、聞くと、50000円前後でも十分いい家建つよと言われた。
今は、夢にまでみたマイホームで幸せに暮らしてます。

Copyright (C)2017アパートって変わってきている.All rights reserved.